カラコン豆知識

カラコン(度あり)の選び方!DIAやBCを知ろう

更新日:

jyosei_yubisashi

カラコンを選ぶ時は、度ありと度あり、様々なブランドの中から好みのものを選びますよね。人の眼球は微妙に個人差があるため、合わないレンズを装着し続けると思わぬ悪影響を及ぼすこともあります。数値の見方や選び方をしっかりと理解しておきましょう。

DIAのカラコンでの意味とは

人の眼球は微妙に個人差があるため、合わないレンズを装着し続けると思わぬ悪影響を及ぼすこともあります。数値の見方や選び方をしっかりと理解しておきましょう。

カラコンの箱にはDIAやBC、PWRなど見慣れない用語が書かれています。それぞれにぴったりのレンズを選べるようにこれらの数値が示されています。

まずDIAとはコンタクトの直径のことで、数字が大きいほど大きなレンズになります。目を大きく見せる効果を期待するなら、着色直径という項目も一緒にチェックしましょう。サイズが合っていないとレンズがズレやすくなったり、目がゴロゴロする原因となります。

カラコンの着色直径とは??

カラコンのBC(ベースカーブ)とは?

BCはベースカーブの略称で、目とレンズをフィットさせるための数値です。

人間の目はボールのような球体です。

コンタクトレンズはその球体の上にのせるものなので、レンズの形状は真っ平らではなくお椀のような形をしています。

そのお椀の度合を数値にしたものがBCです。

数値が大きいほどカーブは緩やかに、小さいほどきつくなります。自分の目よりカーブが緩いとレンズがズレやすくなり、逆に小さすぎると圧迫感で長時間の装用ができなくなることがあります。

度ありを示す表現はPWRやP、D、SPHなどメーカーによって様々です。マイナスは近視、プラスは遠視用です。
カラコンは簡単に購入することができますが、度あり、度なしに関わらず、最初にカラコンを購入する前には必ず眼科医の診察を受け、選び方のアドバイスや装用指導を受けましょう。

-カラコン豆知識

Copyright© カラコン部屋 , 2017 All Rights Reserved.